ムズかしくない債務整理

なんとなく。 > 経済 > ムズかしくない債務整理

ムズかしくない債務整理

新聞の折込チラシ、ゴシップ新聞、繁華街に張り付けられたビラや郵便広告などで「多重借金の整理いたします」「借金を集約しましょう」などの宣伝を見ることがしばしばです。

こういうのは、「整理人」「買取専門屋」「つなぎ業者」という俗称の悪徳業者の詐欺広告の場合があるということです。

依頼した際には破産申立プロセスの中で最優先の免責許可を受けられないパターンもあります。

「片付け屋」では、広告などで負債者を集め高額の手数料を請求して負債整理をするのですが結局は債務整頓は行われず、負債人はもっと負債スパイラルに堕ちてしまうケースが9割方と考えてください。

「買取人」では負債者のローンで、家電、電車の利用券をいっぱい買い入れさせて負債人からその商品を定価の10%ー半額で買い上げるというやり口を使っています。

そのときは金が手に入れられますが、まもなくカード業者によって買ったものの定価の催促が届くことになり、借金額を増大させることになります。

この場合だとカード会社へ詐欺であるとされて免責判定をもらえません。

「つなぎ業者」では有名なサラ金から断られる債務者について、融資はせずに、金貸しを可能である異なる企業を紹介して、常識外の料金をもらう悪徳業者です。

つなぎ屋は高度な苦労で貸出してもらえたという口調で説明しますが、現実には何もしておらず種は簡単で選考の甘めのサービスを分かっているということなのです。

この場合だと実際のところ負債額を重ねるだけです。


関連記事

  1. 万年借金苦
  2. ムズかしくない債務整理