期待と不安が交錯する

なんとなく。 > 日記 > 期待と不安が交錯する

期待と不安が交錯する

新天地で生活する期待と不安な気持ちが交錯する、その第一歩。実際に下見や住居を決める際に新天地へ足を運ぶが、引っ越しの業者が見積もりなどで来ると、現実味を感じてしまう。気分一新やなにか新しいことを始める飛躍を感じされる言葉。  知らない土地で新たな発見に出合える。イメージはハイソな街だが、路地の一本裏には昔ながらの和菓子店や創業50年超の老舗の日本食店が、リーズナブルな料金で食べられることなど。その街のイメージが、いい意味で裏切られたときに、引っ越しのメリットを感じる。  デメリットはやはり金銭的な問題。転勤では費用負担をしてくれるが、どうしても家具を新たに買う場合がかならず出てくる。1カ月ぐらいは、荷物の整理など生活のリズムが狂ってしまう。  経験上、条件は関東なら大都市近郊の街。東京を中心として、川崎や浦安、船橋など。郊外型の複合ショッピングセンターが多く、車の使用が前提のため、駐車場の確保に心配がない。ひどい交通渋滞もなく、休日も比較的スムーズに流れる。海や山などへの自然のロケーションも気軽に行けるため、気軽に自然とのふれあいもできる。 引越し三宮.net

関連記事

  1. 同僚の結婚祝い
  2. 5時の夕焼け小焼けって
  3. 賢く就活するには
  4. ハウスクリーニングのメリットとは
  5. 肌が弱くても顔脱毛できるんです。
  6. 温泉旅行に行ってきます。
  7. 期待と不安が交錯する